体の内側からみるみる元気になる

二日酔いの症状を和らげる

ウコン

ウコンとはショウガ科の多年草の事でターメリックと呼ばれる事もあり、料理や生薬として古くから使われています。この植物を摂取すると肝臓の機能が増進する作用があると有名で、二日酔いの症状緩和等が期待出来るとされています。

種類によって含有量が違う

栄養剤

肝機能に効果があることで知られるウコンですが、いくつかの種類があり、それぞれで成分の含有量が違います。そのため、サプリ選びではどの種類のウコンが使われているのかをチェックして、目的に合ったサプリを選ぶことが大切です。

肝臓やアンチエイジングに

鬱金

二日酔い対策のドリンクとして有名なウコンは、カレーに入っているスパイスのターメリックと同じものです。鮮やかな黄色は、ウコンのクルクミンという成分が出しています。クルクミンはポリフェノールの一種で、主に抗炎症作用や消化不良、美肌に効果があります。

注目される健康食品

サプリメント

二日酔いに効果

さまざまな健康食品が販売されていますが、ウコンを配合した商品も人気の健康食品の一つです。ウコンは、ショウガ科ウコン属の多年草です。注目されている理由は、肝臓に良いとされている有効成分、クルクミンを含んでいるからです。ウコンには、春ウコン、秋ウコンがあるのですが、秋ウコンには春ウコンと比べておよそ10倍のクルクミンを含んでいるといわれています。肝臓は、食べ物からとった糖やたんぱく質、脂肪を体内で使用できるように形を変え、貯蔵し、必要な時にエネルギーとして供給する働きをします。また、アルコールや老廃物などの有害物質を分解する働きを持ちます。ウコンが肝臓に良い働きをすることで、二日酔いや疲労の改善効果が知られています。その他にも、有効成分クルクミンには、胆汁の分泌を促す働きがあります。胆汁の分泌にはコレステロールを必要とするため、コレステロールの減少につながります。コレステロール値が下がることで、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの病気の予防にもなります。また、クルクミンはポリフェノールの一種であることから、抗酸化作用があります。老化の原因ともいわれる活性酸素を抑制したり、糖尿病やメタボリックシンドロームといった生活習慣病の予防にも役立ちます。他にも、アレルギーや胃潰瘍、炎症性腸炎、関節炎などの炎症による症状の改善にも役立つといわれています。このように、ウコンはさまざまな健康効果が期待できることから注目されているのです。